水道工事を依頼するにあたっての一般的な流れ

水道工事を依頼するにあたっての一般的な流れ キッチンやトイレ、お風呂場など、水に関係する場所は家の中にいくつもあります。普段は別に意識せずに使っている方も多いでしょう。しかし各水回りの機能は、どうしても徐々に経年劣化するものです。その結果、ある時水漏れなどのトラブルに見舞われることは十分考えられます。水漏れの場合、蛇口 交換などの工事が必要になるかもしれません。また、ほとんどの家庭にお湯を出すために給湯器が備え付けられています。この給湯器も故障してしまうとお湯が出なくなり困ってしまいます。特に厳しい寒さの冬場にこの手の不具合が発生すると、日常生活に大きな支障をきたしかねません。このような時には水道工事店に作業依頼することが大事です。

■まずは応急処置から始めよう

パッキンの劣化やボルトの緩みなど、水回りのトラブルの中には自分でできるものもあります。しかし素人が無理にやろうとすると、かえってトラブルが悪化することも考えられます。よって、業者に相談するのが適切な処置といえます。
業者が現場に来るまでにできることは行っておくと、被害が抑えられます。水漏れしている場合は、元栓を止めるといいです。そうすれば、これ以上漏れの範囲が拡大せずに済むからです。特にマンションの場合、そのまま放置していると自宅だけでなく階下の天井を濡らしてしまうなど、自分が加害者になってしまう恐れもあります。場合によっては、多額の賠償を請求される可能性もあります。

■業者に連絡すること
元栓を閉めるなどの応急処置をしたら、業者に連絡しましょう。この時、どこでどのような症状が起きているのか、わかる範囲で結構ですから先方に伝えることが大切です。状態がわかっていれば、担当のスタッフも速やかに作業に移ることができます。大まかな状態が把握できれば、簡易ながらでもおおよそどの程度の料金がかかるか、見積もりを概算で出してくれるところも多いです。
水のトラブルはいつどこで発生するかわかりません。もしかすると深夜や早朝に問題が起きることもあり得ない話ではありません。そのような時には、24時間、365日対応できる業者であるかどうか、ホームページなどであらかじめ確認してから問い合わせすることです。もし気になることがあれば、この連絡の段階で質問しておくのがおすすめです。

■見積もりして正式依頼

連絡すると、直ちに担当者が現場に駆けつけてくれます。そしてまずはどこで問題が起きているか、現地調査を実施します。何が原因で、どのような修理工事が必要になるかを詳しく説明してくれます。
また同時に、水回りの工事を行うにあたって、価格がいくらになるか見積もりを作成してくれます。見積書を見る際には総額だけでなく、内訳にも注目しましょう。一式、など抽象的で簡潔に書かれている場合、後日追加料金が発生する可能性もあります。見積もりの話をせずに、いきなり作業をしようとする業者も存在しています。見積もりを出してこない業者は悪徳業者の可能性もありますので、そのようなところには依頼しないことが大事です。見積もりの内容やスタッフの説明を聞き納得できたなら、そこで正式依頼するという流れです。

■まとめ
水漏れや給湯器の故障などが起こると、どうしたらよいか分からずパニックになってしまう人もいます。まずは誤った判断を防ぐために応急処置として水道の元栓を閉めることが大切です。急いで対処する必要がある一方で、トラブルを防ぐためにも信頼できる業者を選択する必要があります。そのためにはWebサイトの内容やスタッフの印象、見積書の内容など総合的に判断します。また水道工事が完了したら、自分でも動作確認をして問題がないかその場でチェックすることも忘れないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース