給湯器から水漏れで水道工事業者を呼ぶ前に

給湯器から水漏れが発生しているとすぐに故障だと思いがちでしょう。しかしすべての原因が不具合や故障とは限りません。もし水道工事を呼んだ結果、実は何の問題もなかったら、お金が余計にかかってもったいないです。そこでまずチェックすべきことについて説明します。

■どこが発生個所か確認する

給湯器から水漏れが起きている場合、どこから漏れ出ているかチェックすることです。本体には水抜き栓が搭載されていおり、ここから水が出ている場合はトラブルではありません。水抜き栓は凍結防止や減圧のために取り付けられていて、機器保全のために正常な状態といえます。そのほかに機器の内部やパイプの途中で水漏れが起きている場合には、これは故障と推察できます。



■大量に水漏れが起きている場合には注意

頻繁に症状が出る、大量に水が出ている場合にはそのままにしていると危険です。その場合には水道工事店を呼んで、給湯器 修理や交換をお願いすべきです。水が大量に漏れ出ている場合には、給水元栓を閉めたうえで電源プラグを抜いておいた方が安全です。中には給水元栓が固くなっていて閉まらないこともあるでしょう。最悪その時には家屋全体の元栓を閉めることで、給湯器への給水をストップすることができます。

■まとめ
給湯器からの水漏れの場合、特に気を付けたいのは水抜き栓から出ているかどうかです。取り付けられている部分は、メーカーや機種によって多少異なるかもしれません。そこで取扱説明書などで位置を確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ