水道工事で給湯器の故障も対応

冬場給湯器はどの家庭でも大活躍します。もしなければお湯が出なくなってお風呂には入れないですし、皿洗いも冷水で行わなければならず冷たくて厳しいです。給湯器 水漏れなどのトラブルが起きた場合、どう対処すればいいのでしょうか。

■自分で修理できるもの?

給湯器から水漏れが起きた場合、修理するなり本体そのものを交換するなりの対処が必要です。水道工事店などに依頼するのが一般的ですが、費用が掛かるので自分でできないものかと思う方もいるでしょう。特にDIYが趣味で、腕に少し自信のある人ならそう考えるかもしれません。しかし内部で何らかの不具合が発生していると、自分で修理するのは難しいです。下手にいじるとガス管などに傷をつけるなど、事態悪化の可能性もあります。

■水道工事店を呼ぶ前に

もし給湯器から水漏れなど故障の疑われる症状が見られた場合、水道工事店をすぐに呼びましょう。しかしその前にできることもいくつかあります。給湯器のすぐ下にあるバルブを閉めましょう。これは給水バルブで水の流れを止めることができます。バルブがわからなければ、止水栓を閉める方法もあります。またコンセントも抜いて、被害の拡大化を防ぎましょう。


■まとめ
きちんとお湯が出るからといって、水漏れが起きてもそのまま放置してしまうと危険な状態になります。不完全燃焼を起こし一酸化炭素を発生させたり、電気ショートを起こしたりすることも考えられます。早めに工事をお願いすべき状態と認識することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ