蛇口を水道業者に工事依頼する際の注意点

蛇口の調子がおかしい場合には水道 工事店を呼んで修理をお願いするのも一つの選択肢です。しかし、工事にはどのくらいの費用がかかるか気になるものです。住宅によって種類が異なるので、金額はどうしても違ってきます。

■単水栓と混合水栓

蛇口の修理や交換をするにあたってまずポイントになるのが、単水栓と混合水栓の2タイプです。この両者では基本的な構造が全く異なるため、作業内容も交換するパーツについても変わってきます。よって価格もどうしても違ってきます。単水栓とは水もしくはお湯のどちらかしか出ないもので、混合水栓とは水とお湯の2種類がレバーを変えることで使い分けられるタイプのことです。


■壁付と台付

どこに水道が取り付けられているかも、業者が現地調査する際にチェックするポイントです。読んで字のごとくで、壁と台、どちらに蛇口が取り付けられているかによって変わってきます。作業する際には水の供給を一時的に止める必要があります。この時、給水管の止水栓を止めたら大丈夫なものもあれば、元栓から止めないといけないパターンも出てきます。



■まとめ
このように一口で蛇口といってもいくつか種類があります。どのようなタイプのものを使っているかによって、作業代金が変わってきます。もし何か不具合が発生して、水道業者を呼ぶ場合、見積もりをきちんと出してもらうことです。料金だけでなく、何にいくらかかっているかなど内訳も確認して納得できたところに依頼すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ